blog

2018/06/19 18:16

真鍮のリングやバングルを着けていて、指や腕が青緑色になることありませんか?
また、久しぶりにアクセサリーを出してみたら、青緑色のものが付いていたり...


先日友人から、ピアスにカビが生えるんだけど...着けても大丈夫?と聞かれました。
witchでも真鍮のアクセサリーをたくさん制作しているので、私ももちろん経験があります。


この青緑色のやつは、緑青(ろくしょう)というサビの一種
めちゃくちゃ有害そうな色をしていますが、大量に食べたりしない限り基本的には無害です。
つまり緑青が発生している状態でピアスなどをしても問題ありません。


緑青を落とすには?

でも、サビが付いた状態のピアスをするのは気になる…という方。
緑青は綿棒などでこすれば簡単に落とすことができます


こびりついたしつこい汚れは、市販のアクセサリー磨きや水で薄めた重曹、お酢やレモン汁などで落とすことができます。
ただ、アクセサリーに使用されている天然石の中には酸に弱いものもあるため、注意してください。
パールやサンゴなどは、酸によって輝きが落ちてしまうこともあります。


おすすめは綿棒にアクセサリー磨きなどを付けて、天然石に触れないように緑青をこすり落とすこと。
最後はしっかり水洗いして、水気を乾かしてから保管してください。


緑青が付かないようにするには?

緑青は、酸、塩分、湿気などによって金属が化学反応を起こして発生します。
アクセサリーは、人間の汗や油などによって反応してしまうのです。


緑青が付かないようにするには、使用後水洗いで汗や油を取り除き、水気をしっかり乾かしてから密封しておけば大丈夫!
石やパールが付いていないものでしたら、手を洗う時にハンドソープで一緒に洗ってしまえば問題ないです。


毎日使ってる内は、アクセサリーも色々なところに触れてくすみや汚れが付きにくかったりします。
しばらく使わない時には、しまう前にきれいに洗っておけば、きれいな状態で保存できます。
小さなパケ袋や、密封できる容器などに入れておけばベスト。


使っている時に肌が青緑になるのが気になる場合は?

真鍮のくすみや、緑青の発生具合は使う人や季節、シチュエーションによってかなり変わってきます。
夏場の汗をかく季節、外で着けていたら肌が青緑色になった…という経験をされた方もいらっしゃると思います。


緑青が発生するのは真鍮の特性でどうしようもありませんので、アクセサリーなどは、素材の特性を理解いただいた上でご購入ください。
アレルギーの方などもいらっしゃるので、witchのアクセサリーは使用している素材をなるべく全て明記するようにしています。


ただどうしても気になる方は、肌に触れる部分に透明マニキュアを塗っておくことがおすすめです。
汚れをきれいに洗い落として、水気を完全にふき取ってから行ってください。
何度も使用していると少しずつ薄くなってきますが、2.3ヶ月程度は持つようです。


バングルなど大きなものは、クリアラッカー・アクリルスプレーでもマニキュアの代わりになります。
100均やホームセンターでも販売されています。


真鍮アクセサリーとのお付き合い

真鍮はあたたかい質感とゴールド色が魅力的な素材です。
私もこの質感と、経年変化によってアンティークのような表情に変化していく様子が好きで、真鍮のアクセサリーをたくさん制作しています。


世の中にはくすみや変色をおさえるためのメッキ製品がたくさん流通していますが、私はメッキの安っぽいコーティング感とゴールド色がどうしても好きになれません。
安いメッキは必ず剥がれますし、剥がれた跡はまだらになったり黒ずんだりと、メンテナンス性も良くありません。


変色やメンテナンスを嫌う方はお金を出してゴールド製品を購入されることをおすすめします。
witchのようなファッションアクセサリーは、もっと手ごろな価格で楽しんでいただきたいですし、その中でもなるべく長く魅力的な状態でお使いいただける素材を選んでいます。
青緑のやつが出た!もう使わない!とポイしてしまう前に、一度メンテナンスしてみてください。
ご希望があれば私のほうでも対応させていただきます^^